スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - - by スポンサードリンク

マーケティング研究室、NIKE本社でプレゼン本番!!


今年の5月からスタートしたバンタン×慶応のマーケティング研究室2期生
彼らが今まで試行錯誤しながら取り組んできた、NIKEのキャンペーンプロジェクトの
プレゼン本番が、とうとうやってきましたぁ!!!
ちなみに、今までの詳細はコチラ

今まで頑張ってきたことの集大成をNIKEの方々に発表する日☆
プレゼン会場はNIKE本社にある、とってもカッコイイ会議室♡ 



約束の時間より少し早く着いたので、みんな発表する内容の確認!!
発表するわけじゃないのに、私までドキドキしちゃいます。。。


今回マーケティング研究室のプレゼンを聞いてくれるのは
前回のプレゼンの時も来てくださってた、久保田さんと小長谷さん。
そして、NIKE JAPANのブランドマネージャーやマーケティングディレクター、
IDマネージャーなど、実際にNIKEのマーケティングを任されている方達ばかり。





“JUST DO IT 東京”というキャンペーンを行なう事に対し、
何をどう行なえばいいのか、という事を考えてきた今回のプロジェクト。

最終プレゼンでは3つのチームがそれぞれ、
・プロモーション
・ターゲットの潜在欲求の引き出し
・NIKEの各イベントを結び、「NIKE Summit2007」というイベントを集大成として開催

という事をポイントに、自分達のアイディアを発表!
「東京で遊ぶ」も大きなテーマの一つだったからか、
全てのチームのメインターゲットはストリートスポーツ
(つまりダンスやスケボーなど)をやっている人☆

こういうストリートで活動している人って、
普段、練習場所やパフォーマンスの舞台が限られてますからねぇ。
そんな人達にどれだけNIKEが関わっていけるか、がこのキャンペーン
を成功させる為の大事なポイントなのかな。





自分達のアイディアをより分かってもらう為にみんなが用意した
イメージ図やサンプル♡

今までにないマグネット式になったポスターや、
持ち運びが出来る定規サイズ(もしくは定規そのもの)のポスター、
そして、「NIKE Summit 2007」の告知として使うという「キューブ」!!!

この透明のキューブは、ダンサーが踊ったり、パフォーマンスをするモノ(>。<)
広場などみんなの目につくようなとこに設置するらしい。
確実に目立つねぇ(笑)



このキューブはオリジナルウェブサイトとも連動していて、
そのサイトではダンサーの苦労話のコーナーやオンラインダンスゲームなども
楽しめるらしい!
他にも、廃校などの空いているスペースを管理してストリートスポーツを
している人に貸し出したりっていうプランも提案♡
もっとストリートの人達が遊べる場所を提供するのが目的なんだって☆




今NIKEが行なっている「Dance @ Live」や「Just do it Tokyo Park」を
単発で終わらせるのではなく、トーナメントにしたり、
優勝者はNikeでユニフォームやPVを作ったりして、最終的に「NIKE Summit 2007」
という大規模なイベントで締めくくるといったアイディアも☆



みんな、よりリアリティのあるアイディアを出す為に、
知り合いのダンサーにアンケートしてみたり、クラブに行ってみたりと
リサーチも結構やってたみたい。

そうそう!実際にダンスやスケボーなどをしている人が、何を必要としてる
のかを知るのは大切なポイントだし、リサーチを忘れちゃいけません(>。<)

「今の自分を変えるように自分から行動を起こして欲しい。
そして、それがストリートスポーツであって欲しい」
「場所や機会を提供するから、東京でもっと遊べ!」
というメッセージがたくさん伝わってくる、
よくまとまった、とってもいいプレゼンでした♡♡



各グループのプレゼンを真剣に聞いてくださっていたNIKEのみなさん。
その感想はこちら!

「キューブとサイトの連動の案は一番実現できる可能性が高いね!」
「NIKEは消費者(ターゲット)が何を考えているのかを細部まで考えることを大切
 にしています。この点で、私たちと同じことをみんなが学校でやっているという
 のが素晴らしい」
「こんなにレベルが高いとは思わなかった。良い勉強になりました」
「人に聞くっていうことはとても大切。私たちがやろうと思っているコトと
 みんながやって欲しいと思っているコトが一緒なんだというのを今日確認できて、
 自信が持てました」


そして、ずっとマーケティング研究会の様子を
見てこられた久保田さんは、

「今回のプロジェクト、やらせてもらってよかったと思います。
突拍子も無いコトを思いつく柔軟性があると、「1+1=100」になるような
とんでもないことが起こりえるんだと改めて感じました。
実際、このキャンペーンをみんなくらいの年の子に受け入れられるように
シフトさせていこうかなと考えてて、今日プレゼンしてくれた中から
頑張って一つは実現させようと思います!

勉強は続けてください。仕事に対しても勉強に対しても
頑張れる基礎体力をつける為に。
そして、こういうプロジェクトで誰か気になる人がいたら、
しっかりその人に興味を示しましょう。そうすれば、色んなことを
教えてもらえたり、守ってもらえたり、思いもしなかったことが起こるから。
数年のうちにこの中から対等に話が出来る子がでてくれたら、
本当にうれしいです!!」

と最後に締めくくってくださいました(^^)





NIKE JAPAN マーケティングディレクターの久保田さんと
コーディネーターの小長谷さん、
マーケティング研究会2期生のみんな、
この研究会の講師、慶応義塾大学の藤田先生と
担当のバンタンスタッフのラストさんで、はい!チーズ☆☆


今後、研究会のみんなのアイディアがどんな風に
取り入れられるのかが楽しみ♡
結果の連絡を待ちましょう(>。<)!!



【関連・参考サイト】
 ◆ファッションスタイリングLAB. http://vantan.com/courses_h/fs_top.html
 ◆ナイキジャパンHP http://www.nike.jp/front/



【この記事のURL】 
 http://vantan.jugem.jp/?eid=262 ※リンクフリーです


スポンサーサイト

- 10:27 - - by スポンサードリンク


CALENDAR
<< December 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
資料請求(無料)
バンタンデザイン研究所のパンフレット請求をしてくれた方には、もれなくブログ本をプレゼント♡
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
サイトリンク
MOBILE
qrcode